春のアレルギー対策

春が訪れると気温が上がり、空気中の花粉やカビが増えるためにアレルギーが起こりやすくなります。辛い季節を乗り切るために、しっかりと対策して、花粉などのアレルギーに備えましょう。

目のアレルギー対策とビール酵母について

日本ではアレルギーの人が少しずつ増えてきており、国民の3割がなにかしらアレルギーを持っているとされています。
また、花粉症など目に症状が現れるアレルギーも少なくないため、しっかりとアレルギー対策をしていくと良いでしょう。
目は物を見る必要があり、常に外に出ていてアレルギーの原因物質であるアレルゲンに晒されているためです。
そこで目のアレルギー対策としては、サングラスや眼鏡などをかけるという方法がオススメです。
サングラスや眼鏡は目のアレルギー対策として有効であり、特にスポーツモデルやサイドの幅が広いフレームの眼鏡は最適です。
アレルギーの原因にはさまざまなものがあるため、ビール酵母も原因になるのではないかと考えている人もいるでしょう。
対象となるのはカンジダ症という病気であり、カンジダ菌は腸管内にも生息していることのある身近な菌なのですが、ビール酵母と同じイースト菌の仲間です。
そして、カンジダ菌に対してアレルギー反応を起こしてしまった場合、交差反応によって同じ仲間のビール酵母に対してもアレルギー反応が出てしまうことがあるのです。
ちなみに、知っている人も多いかもしれませんが、カンジダ菌はどこにでもいる菌なので健康な時には感染しないことが多いです。
しかし、なにか病気にかかっている時や抵抗力が弱っている時などには、感染症を引き起こす原因となることもあります。
ちなみに、何らかの原因で腸管内のカンジダ菌が増殖し、悪玉菌となったカンジダ菌が腸壁に障害を与えることもあるので注意しましょう。
それによって食べ物を上手く消化吸収できなくなってしまうため、食物アレルギーを起こしてしまうこともあるとされています。