春のアレルギー対策

春が訪れると気温が上がり、空気中の花粉やカビが増えるためにアレルギーが起こりやすくなります。辛い季節を乗り切るために、しっかりと対策して、花粉などのアレルギーに備えましょう。

子犬の食物アレルギー症状について

アレルギーとは、動物に備わっているウイルスや細菌などの病原体を体の中に侵入させないための仕組みである免疫が、食べ物や花粉に過敏に反応して自分自身の体を攻撃してしまうことをいいます。どんな動物にも備わっている仕組みのため犬や猫にもアレルギーはあります。
子犬に食べさせていた餌が、子犬の食物アレルギー症状を引き起こすものだったという可能性もあるのです。子犬の食物アレルギー症状を起こすことが多い食材は牛肉や乳製品、小麦や子羊肉、鶏肉や大豆などがアレルゲンとなりやすいとされています。珍しいところではフカヒレなどのサメアレルギーなどもあります。
サメなんて食べさせないという飼い主の人もいるでしょうが、犬によかれと与えていたサプリメントの中身にフカヒレが使われていたという可能性なども考えられるのです。
このようなアレルギーを引き起こさないためのアレルギー対策として大切なのは、アレルギーと距離をとることです。アレルギーに対する体質自体を改善できる治療方法は確立されていないため、アレルギー対策として薬にできるのは症状を抑えるだけになります。
アレルギー対策の始めは、動物病院に行ってアレルギー検査をして貰うこととなります。単一の食事を与えることで自分で知ることもできますが、フカヒレなど思いがけない食材に対してアレルギーがあるかもしれないため具体的なアレルギーの内容を知るためには検査をして貰うことをおすすめします。
子犬の食物アレルギー症状としては、体のかゆみやフケ、抜け毛が多く、下痢や嘔吐などの症状が現れてしまいます。
子犬などは自分の症状を言葉で伝えることはできないため、食べ物を食べた後様子がおかしいなら獣医師に相談することが大切です。