春のアレルギー対策

春のアレルギー対策

春が訪れると気温が上がり、空気中の花粉やカビが増えるためにアレルギーが起こりやすくなります。辛い季節を乗り切るために、しっかりと対策して、花粉などのアレルギーに備えましょう。

春の花粉によって発祥するアレルギー症状

花粉症の原因となる様々な花粉は、年間を通して飛散しており、その中でも春の花粉症として知られるのはスギです。花粉症患者の約8割がスギ花粉が原因と言われており、2月から4月頃にかけて本州を中心に大量に飛散します。また、スギの次に花粉症が多いヒノキは3月から5月頃にかけて飛散のピークを迎えるため、花粉症の症状が長引く人はスギとヒノキの両方にアレルギー反応を示している可能性があります。

春の花粉の症状では、くしゃみや鼻水、鼻づまりや目のかゆみが一般的です。粘膜に付着したアレルギー物質を洗い流そうとする体の反応なので、花粉の飛散中は症状が治まりません。風邪と違い、水のようにサラサラした鼻水と、何度も連続で起こるくしゃみが特徴です。また、花粉が気管に入ると、乾いた咳が続く事があります。重症になると気管支の粘膜が腫れ、のどが痛み、稀なケースでは呼吸困難に発展する事も考えられます。他にも肌や耳の中に花粉が付着すると、かゆみを生じる事があります。全身症状としては、頭が重くぼんやりとし、体が熱っぽく倦怠感を感じます。

これらのアレルギー対策としては、原因である花粉と粘膜が接触しないようにするのが一番です。外出時はマスクや眼鏡などで花粉が付かないようにし、室内に入る時は服や髪に付いた花粉を落とすようにしましょう。アレルギー対策は生活の中でもできるため、ちょっとした心がけで症状を抑えられます。

症状が重い人の場合、花粉症の症状が発生する前に抗アレルギー薬を飲むのが最大のアレルギー対策となります。花粉症は身体の免疫作用によって抗体が作り出され、その抗体が鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こすヒスタミンを放出する事で発症します。抗アレルギー薬は、この抗体を作らせない薬のため、抗体ができて症状出る前に飲むのが効果的です。

■花粉症にはこの薬がオススメ
花粉の季節にザイザルを常備しましょう
■抗アレルギー薬購入ならこのサイトがオススメ
医薬品をネット販売通販で買うなら「ネット総合病院」
■アレルギー疾患にお悩みの方はこちらの医薬品で解決しましょう!
フェキソフェナジン
■副作用が少ないアレルギーに効く薬はこちらです
アレグラ